店長ブログ

部屋を借りるにはいくら必要?(賃貸契約費用)

部屋探しで来店されるの多くの方が、最初に費用はいくらかかるのかを気にします。
そこで今回は賃貸の契約金の話をします。

契約金は大きく5つに分けられる

1.敷金
2.礼金
3.賃料
4.仲介手数料
5.その他

たとえば賃料10万円で敷金1か月という表記があれば敷金は10万円になります。仲介手数料は消費税がかかりますので、10万8千円です。

昔は1~4と火災保険2万円位を加えれば簡単に契約金の計算ができました。
現在では5.その他でいろいろな費用が発生します

その他の費用

火災保険(¥15000~¥25000)2年間
賃貸保証料(総賃料50%~100%)1年間 総賃料=管理費、駐車料を含めた額 以後1年毎¥10000
鍵交換費用(¥12000~¥25000)
消毒費(¥10000~¥17000)
24時間サポートパック(¥20000~¥30000)2年間
クリーニング費用(¥30000~¥50000)

一般的には①~③までを請求されることが多いいです。①②は強制的な条件で、③の鍵交換に関しては前の入居者が使った鍵でいいので、交換は必要ないと伝えれば相談に乗ってくれる場合もあります。

④⑤は、ハッキリ言って必要のないサービスです。断れるなら断りましょう。

⑥は本来敷金で清算するのですが敷金が0か月の場合、契約時に請求されることが多いいです。では具体的に計算してみましょう。

賃貸の契約金

賃料10万円・管理費5千円・敷金1か月・礼金1か月の場合

敷金100,000円
礼金100,000円
仲介手数料 108,000円
賃料100,000円
管理費5,000円
火災保険20,000円
賃貸保証52,500円
鍵交換代21,600円
合計507,100円


上記は一般的なケースになります。
賃貸物件の管理会社によって多少異なりますのでご注意下さい。

ついでに契約時の必要書類

①身分証明書(運転免許証or健康保険証など)
②住民票(入居者全員分)
③収入証明書(源泉徴収票or直近の給与明細3ヵ月分)

③は必要ないところもあります。
不動産のこと店長に相談しよう
店長
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士

不動産のプロが回答

店長の中村です。お客様の笑顔が仕事の活力。自分の培った経験でお客様のお役に立てたときが喜びです。facebookfacebook-url

ご相談・ご質問無料!
お気軽に電話・メール下さい

♪不動産のことお気軽にお問合せ下さい。

045-334-8498受付時間:10:00~19:00(定休 / 火・水)



お問い合わせ件名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号任意
FAX番号任意
お問い合わせ内容必須