店長ブログ

賃貸住宅では窓ガラスの修理代は誰の負担になるのか?

賃貸物件の管理していると入居者様から窓ガラスが割れたとよく電話が入ります。当然ですが、入居者が自分で壊した場合は自己負担になります。

問題となるケースは入居者に過失がないのに、貸主が入居者に修繕費用を請求する場合です。具体的言うと窓ガラスの熱割れです。これは網入りガラスでよく起きる現象でガラスの温度差の有る部分で生じます。

貸主には、建物の使用及び収益に必要な修繕をする義務があります(民法606条1項)。したがって、このような入居者に過失がない場合は貸主が窓ガラスの修繕費用を負担すべきです。

その他によくあるケースは空き巣による破損台風など強風により飛来した物による破損があります。いずれも入居者に過失はなく、貸主の負担で修繕します。通常は賃貸借契約時に加入した火災保険を適用して修繕します。

ちなみに、掃き出し窓の網入りガラスを1枚交換すると1万5千円前後かかります。しかし、ガラス修理をインターネットで検索して、上位に表示される全国対応している業者に依頼してしまうと3万円以上は請求されるでしょう。ガラス修理は物件の近くにある地元の業者に依頼することをおすすめします。

追記(2018.9.6)

強風による飛来物で窓ガラスが破損した場合は、被害状況と飛来物を写真で撮っておきましょう。また盗難による被害の場合には警察に被害届をだしましょう。どちらも保険請求する場合に必要になってきます。
いずれにしても、賃貸物件を管理している管理会社に連絡して下さい。通常は管理会社が修理の手配をしてくれます。緊急で修理した場合は業者から必ず領収書をもらうこと。
不動産のこと店長に相談しよう
店長
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士

不動産のプロが回答

店長の中村です。お客様の笑顔が仕事の活力。自分の培った経験でお客様のお役に立てたときが喜びです。facebookfacebook-url

ご相談・ご質問無料!
お気軽に電話・メール下さい

♪不動産のことお気軽にお問合せ下さい。

045-334-8498受付時間:10:00~19:00(定休 / 火・水)



お問い合わせ件名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号任意
FAX番号任意
お問い合わせ内容必須