店長ブログ

住宅ローンの支払いに困ったらすること

新型コロナの影響で景気の先行きに不安を感じる今日この頃です。ニュースを見ても失業者の増加や大幅な収入減が伝えられています。住宅を購入するときは、まさかこのような状況に陥るとは思いもしなかったことでしょう。

先が見えればお金をやりくりして忍ぶこともできますが、先が見えず住宅ローンの返済に支障がではじめると精神的に辛くなってきます。

金融機関に相談しよう

住宅ローンを滞納しそう、またはしてしまった場合、まずしなければならないのは融資を受けている金融機関(銀行など)に相談することです。どの金融機関でも一定期間であれば返済額減額に応じてもらえるはずです。

この毎月のローン返済額減額でも状況は好転せず、滞納を継続してしまうと次に考えなければならないのは自宅の売却です。自宅を売却してそのお金でローンの残債を全額返済できれば問題ないのですが、多くの方は売却額が低いためローンの残債を返済できません。

任意売却を利用しよう

そこで、必要となるのが任意売却制度です。この制度を活用することにより、ローンの残債が残ったとしても売却を実行できるようになります。

例えばローンの残債が2000万円あったとして、売却額が1700万円だったとしします。通常に物件を売り出した場合、このようなケースでは売買契約は成立しません。ローンの残債が300万円残るため物件の所有権を移転できないからです。

このようなケースでも任意売却制度を利用することにより売買契約を成立させることができます。ただし残った300万円を毎月分割で支払うことになります。この制度を利用するのに特別な費用はかかりません。支払いが困難になった人のための制度ですので出費を心配する必要がありません。

またメリットとして任意売却は債権者の了解が必要ですが了解が得られれば、毎月のローンの支払いが無くなります。売却までの期間ローンの支払いが無くなるのはかなり大きなメリットです。銀行などからの督促から解放されるため精神的に楽になります

人生の仕切り直し

せっかく手に入れた自宅を手放すのは辛いことです。でも執着せず手放すことができたら、追い詰められた気持ちから解放されます。銀行からの督促を無視してても、状況は変わりません。ローンの支払いが困難になったら悩まず行動しましょう!人生楽あれば苦あり。ずっと苦しい状況が続くわけではありません。今の悩みは必ず解決できます。肩の荷を降ろして、身軽になって人生仕切り直しましょう。
不動産のこと店長に相談しよう
店長
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士

不動産のプロが回答

店長の中村です。お客様の笑顔が仕事の活力。自分の培った経験でお客様のお役に立てたときが喜びです。facebookfacebook-url

ご相談・ご質問無料!
お気軽に電話・メール下さい

♪不動産のことお気軽にお問合せ下さい。

045-334-8498受付時間:10:00~19:00(定休 / 火・水)



お問い合わせ件名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号任意
FAX番号任意
お問い合わせ内容必須